読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bdshirt 自分用の索引

奈良県在住。日々のログとして書くことにします。

KGボウル慶應義塾大との交流戦から春のシーズン開幕。今年も激戦になりそうですね!

4月8日 王子スタジアム 11:00 甲南大ー神戸大 新歓試合で関西学生

 

アメリカンフットボールリーグの春シーズンが開幕しました。

 

甲南大が神戸大を38-14で破り、まずまずのスタートです。

 

 

4月9日は 京都大49ー30同志社大

 

4月15日はエキスポで大阪大10-6 大阪市立大

 

4月16日は王子スタジアム 14:30 兵庫県立大14ー21神戸学院大

 

という試合結果となりました。

 

 

 

さてKGボウル。・・・・

 

試合観戦の予定でしたが、急に仕事が入り、部からの試合経過ツイート

 

で観戦ということになりました。

 

 

慶應義塾大とは1949年以来6度対戦し、KGの6勝0敗という結果で、

 

最近では 2013年 45ー9   2014年 37-28    2015年 49-26

 

という試合内容です。

 

 

さて、今年の試合は 31-17 でKG勝利という結果となりました。

 

前半は慶應が17-14 でリード、4QにKGが逆転して突き放す試合展開になりました。

 

 

詳しい試合経過は  GO FIGHTERS!!

 

に写真入りでアップされていますのでそちらをご覧ください。

 

 

 

昨年慶應義塾大は法政大に敗れて甲子園ボウル出場を逃しました。

 

関東の強豪校に、現時点でKGがどこまで通じるか? 

 

スターターとして誰が出場しているのか?

 

楽しみに試合経過を追いました。

 

スタッツはほぼ互角。

 

オフェンスのリズムの悪さは、現時点ではこんあものかなあ~という感じ。

 

ディフェンスはスターター争いの真っ最中でこちらもこんあもんやなあ~の内容。

 

 

QBは4回生1人 3回生2人がいますが、この試合は同志社国際から入部した

 

3回生QBが出場しました。

 

昨年はほとんど出場していなかったのでどうかと思いましたが、

 

何とかオフェンスを率いてくれました。

 

 

 

 

試合内容についての感想は、繰り返しになりますが・・・

 

 

今はこんなもんかなあ~というところですね。

 

石井晃のKGファイターズコラム「スタンドから」

4月17日付でも、「想定の範囲内 こんなもんや」の見出し。・・・

 

慶應のノーハドルにこずりましたね。

 

4Qにやっとエンジンがかかりましたが、試合内容は慶應の方がよかったですね。

 

スタッツに記録されたラッシャー8人 レシーバー7人 

 

 

春のシーズンは誰が通用するか、選手全員のサバイバルレースになります。

 

 

全員のレベルアップが無ければ、1部リーグのライバル校には勝てません。

 

 

「出てこい来い。出てこい。有望選手」 です。

 

 

”チーム井若”の成長を見守りながら4月30日の日本大学との定期戦

 

観戦したいと思います。

 

 

では、楽しい午後をお過ごしください!

 

 

 

 

 

 

 

f:id:cresent615:20170417090508j:plain