bdshirt 自分用の索引

奈良県在住。日々のログとして書くことにします。

阪堺電車の「モ161号」、百寿を超えても走り続けてほしいですね!

こんばんは。

 

奈良北西部、雨の夜になっています。

 

昨日は商用で、生まれた町、

 

大阪府堺市に出かけました。

 

阪堺電車 船尾駅で、

 

見つけてしまいました。(笑)

 

 

f:id:cresent615:20210405160448j:plain

 

” 百寿まであと7年 「モ161号」 クラウドファンディング ”

 

 

 

今日現在、5,780.000 円 267人

 

 

 

このチンチン電車とこのイベントについて、

 

HPに詳しい解説記事が出ています。

 

readyfor.jp

93才といえば・・・・

 

私の母より1つ年上、

 

親も同然、

  

昭和3年に製造されていて

 

今も時々ご対面をして、

 

愛着のあるチンチン車両です。

 

現在は、

 

モ161号、モ162号、モ164号、モ166号の4両が活躍、

 

しかし、

 

老朽化が進んで心配していました。

 

f:id:cresent615:20191105100630j:plain

 

 

 

f:id:cresent615:20191105100323j:plain

 

 この現状をお知らせしたくて、

 

このHPから引用します。

■ モ161形の特徴
 

モ161形の特徴は、何と言っても路面電車タイプながら間接制御器を備え、総括運転で連結運転ができる大型の低床車(この時代の低床とは車輪径660mmのもの)です。当時すでに、高床高速系電車では、間接制御器による総括制御で4個モータの電動車を何両も連結して運転するのが一般的になっていた一方、路面電車は単行運転が主でスピードも低いため直接制御器の2個モータ車がほとんどでした。

 

しかし、南海鉄道がこの時期に造った軌道線車両は鉄道流に設計されていました。付随車を牽引する連結運転は路面電車でも珍しくありませんでしたが、モ161形のように4個モータ車でしかも複数のモータ車を総括制御する連結運転は、日本の路面電車で初と言われています。モ161形は路面電車の見かけに関わらず、郊外電車並みの設備と性能を備えていました。

 

 阪堺電気軌道 取締役社長から皆さまへ

阪堺電車は、沿線のみなさま・ファンのみなさまに支えられて、2020年に開業120周年を迎えることができました。しかしながら、みなさまご高配のとおり鉄軌道事業を含む集客交流産業は、新型コロナウイルス感染症の影響により甚大なダメージを受けております。


「モ161号」は阪堺線開通100周年(2011年)を記念し、昭和40年代の姿に復原して以来10年が経過、再度修復の必要性が生じてまいりました。昭和レトロを醸し出す「モ161号」ですが、歴史の証人の一人として、今後もできる限り走り続ける雄姿を見ていただきたいと私どもは考えております。


その歴史をみなさまとともに築き上げるという意味合いを含め、今般、弊社として初めてクラウドファンディングを活用し、その修復にあたりたいと考える次第です。この思いを実現するため、みなさまのご支援をいただけませんでしょうか。ご協力のほど、何卒よろしくお願いいたします。

 阪堺電気軌道 取締役社長 細井康史 

 

堺に住んでいた頃は、

 

毎日利用していたチンチン電車

 

すぐに、

 

シャッターを押してしまいます。(笑)

 

f:id:cresent615:20101019145731j:plain

 

 

 

f:id:cresent615:20101019145646j:plain

 



100周年では、切手も販売されました。

 

 

f:id:cresent615:20111206185558j:plain

 

これからもずっと走り続けてほしいですよね。・・・

 

 

なんてゆうたかて・・・・・

 

この電車の運転手になりたかった私ですもん。

 

 

もう理屈やないんです(笑)

 

 

こんなことを考えながら、

 

 船尾の駅で、

 

ブログの原稿を書いていたら・・・・

 

 

f:id:cresent615:20210405160610j:plain

 

最新鋭トラムがホームに滑り込んできました。

 

f:id:cresent615:20210406195454j:plain

 

2020年にデビューした 1101号です。

 

f:id:cresent615:20210406195433j:plain

 

ええ歳をして、

 

車内でシャッターを切りました。

 

100年の時を超えて、

 

チンチン電車が走る・・・

 

うれしいですねえ・・・

 

 

 1101号 赤ちゃん

 

モ161号 93才

 

 

 

我が阪堺電車は永遠に不滅です!

 

なんて

 

あのス-パ-スタ-のような名セリフはいえませんが・・・

 

太宰治

 富士には月見草がよく似合う(ふじにはつきみそうがよくにあう)

をもじりました。(笑)

 

 

大阪市阿倍野区住吉区

 

そして、

 

堺市堺区・西区には、

 

阪堺電車チンチン電車)がよく似合う!!!

 

 

 

このクラウドファンティングが満額達成されて、

 

これからも、

 

 

昭和レトロの車両が勇姿を見せてくれることを

 

願っています。

 

 

調子に乗りすぎました。(笑)

 

 

では・・

 

 みなさん、

 

楽しい夜をお過ごしください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

春シ-ズンの日程も発表され、各校がどんなチーム作りをするか興味津々です。(笑)

こんばんは.

 

関西学生アメリカンフットボ-ル連盟から

 

春シーズンの日程と

 

無観客での開催の発表がありました。

 

 

 詳しい日程は、このHPでご覧ください。

 

 

ご贔屓のKGは、

 

5/9 桃山

 

5/15 近大

 

5/16 甲南

 

5/30 エレコム神戸

 

6/13 関大

 

6/27 アサヒ飲料

 

 

他チームの主なゲームは、


4/24 同志社 - 京大


4/25 明治 - 日大


4/29 早稲田 - 慶応


5/5 関大 - 同志社


5/8 京大 - 東大


5/16 関大 - 早稲田 神戸 - エレコム神戸 法政 - 日大 同志社 - 立教


5/23 立教 - 日大


5/29 京大 - 桃山


5/30 立命 - 早稲田 関大 - 法政 神戸 - アサヒ飲料


6/6 同志社 - 慶応


6/13 近大 - アズワン

 

試合中継があればと願っています。(笑)

 

 

私ごとですが・・・

 

 

フットボ-ルを観戦を始めてから、

 

49年目のシーズンがスタ-トします。

 

妻には、

 

フットボールクレージーと呼ばれていますが・・・(笑)

 

 

f:id:cresent615:20210403203412j:plain

 

この図は 5-2-オクラホマ

 

私が入っていたプライベートチームが採用していたものです。

 

オレンジ色の部分は、

 

私がやっていたポジションで、

 

まともにブロックもタックルもできないヘボDTでした。

 

 

現在は 4-3 や 3-4が主流で、

 

5-2は滅多にお目にかかりません。

 

過去の遺物ですね。(笑)

 

 

アメフトは、

 

あるオフェンスが守備を席巻すると、

 

それを止めるデイフェンスが対抗システムを編み出す、

 

その歴史の繰り返しです。(笑)

 

  

f:id:cresent615:20210403202618j:plain

 

1つのタッチダウンを奪うために、

 

工夫いくつも盛り込みます。

 

いい機会なので、

 

実例をご紹介しましょう。

 

以前、慶応大OBの方が創刊された、

 

『月刊タッチダウン』という専門誌がありました。(現在は廃刊、バックナンバ-は

 

慶応大学に寄贈されたはずですが、間違っていたらごめんなさい。)

 

2015年4月号に掲載された、

 

2014年シーズンのベストオフェンスプレー大賞という

 

記事です。

 

2015年1月3日 ライスボウル KG 24- 33 富士通 

 

その試合の中で、

 

実力差のある社会人に対し、

 

接戦に持ち込むために、

 

KGが智恵と工夫を盛り込んだプレイでTDを奪いました。

 

解説記事を書いたのは、

 

当時関西大を指導していた、

 

京都大OBのヘッドコ-チ、

 

 

f:id:cresent615:20210403202634j:plain

 

KGのプレイの本質を見抜いた読み応えのある記事、

 

 

このように書かれていました。

 

 関学といわず、あらゆるチ-ムがビッグゲームでつかうのだが・・・、

 

ブロッカーがコケテから(一度地面に手をついてから)、対象のデイフェ

 

ンスがアクションに掛かったら、その裏に入り込むプレイである(図3)

 

 しかし、ネタバレ感があるところ、またあれか!と言わせないだけの

 

工夫がKGにあるのはさすがだ。まず#88木戸をYの位置に入れることで、

 

何年も前からやっているY位置からのパスの雰囲気を出す。そして、シフ

 

トして下がる。ここで熟練の富士通デイフェンスは、ジェットスイープ

 

の雰囲気を感じる。がRBはスイープ逆サイドにややずれている感があるの

 

も、もし気づいてしまったら気になるところだ。あれにも見える、コレに

 

も見える。コレの裏の裏の・・・というのは、私にもいろいろ教えてくれ

 

た小野さん(※KGコ-チ)も大好きだ。

 

 そうこうしているうちにモーションが始まり、左サイドもしくは#40

 

サイドと敢えて限定されているジェットスイープ。RBがほぼピストル位置

 

からリードブロッカーになれるように、木戸はボールをもらってやや下が

 

る。下がったままではランに見えないので。前に上がる。前に上がっても

 

スクリメージラインに近づき過ぎて、プレッシャーを受けないように、

 

最初から下がる意味もある。Yはダウンブロック。簡単に社会人を相手に

 

やってのける。FBはリードブロッカーにでるが、我慢強くコンテインマン

 

を行き過ぎてからタ-ンバック(これは練習してもなかなかできることで

 

はない)。TBはセカンドコンテインをブロック(以下略)

 

右利きであろうと思われる木戸が左に走って、前ピッチパスをするのが

 

またキーである。そして、多分、外国人CBのほうが、この手のアクショ

 

ンに掛かりやすいと踏んでいたのかも知れない。QB出身でなければ、

 

実は右に回ろうが、左に回ろうがそれほど精度は変わらないし、本人の

 

気分的負担にもならない。

 

 このプレイの成功の鍵は、実はFBにあり、相当練習したと想像できる。

 

社会人相手に負けはしたが、接戦に持ち込めた陰には、普段スポット

 

ライトが当たっていない選手の頑張りがある。

 

※『月刊タッチダウン』2015年4月号 P6より

 

 

 

 

 

 

さすがにライバル関西大のヘッドコーチをされていた方の記事、

 

あるプレイを習得するためには、

 

どれくらいの練習量と時間が必要と

 

判った上で書かれた記事です。

 

このような記事を書いてもらえば、

 

プレイした選手も本望でしょう。

 

 

お伝えしたかったのは。

 

このような視点で、

 

毎シーズン、

 

試合を観戦しているファンがいるということです。

 

(私も・・・その中の一人ですが・・・)

 

 

そやから・・・

 

フットボールは止められへんのです・・・・(笑)

 

そのプレイできるようになるまで、

 

どれくらい練習したか・・・わかりますもん・・・

 

 

 

 

全国の各大学の選手・スタッフの皆さん

 

12月の甲子園ボウルまで・・・・・

  

謙虚に・ひたむきに、

 

自分の目指すフットボールを追い求めてください!

 

応援していますよ!

 

 

とりとめの無いオタク噺でした。(笑)

 

 

では・・・

 

みなさん、

 

楽しい日曜日をお迎えください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「私の古典」、この2冊を読み直すことから4月を始めることにしました。

こんばんは。

 

奈良北西部、おだやかな夜を迎えています。

 

午前中出社し、

 

午後はWork from home で過ごしました。

 

今日から新年度、

 

「私の古典」である、この2冊を再読し、

 

心をフォーマットすることから始めることにしました。

 

 

f:id:cresent615:20210401175122j:plain

 

まず、

 

鶴見俊輔 『思い出袋』 岩波新書 1234

 

抜きん出た知性と独特の感性、

 

研ぎ澄まされた文章、

 

読むたびに、新しい!!!があり、

 

何度読み返してもあきません。

 

勝手に私淑して、

 

「私の古典」として愛読しています。

 

 

はてなブログにも 

 

彼の「小さい新聞」という文章から

 

題材を得て書いたことがあります。

 

 

ある主題に対する取り組み方について、

 

貴重な視点を提供してくれました。

 

 

「自分用の索引」というブログ名も

 

この本の中の目次から閃いて、

 

使っています。

 

f:id:cresent615:20210401175150j:plain

 

「記憶を編みなおす」という文章の最後で、

 

彼はこう記しています。

 

自分に使いやすい索引を、くりかえしあらためて編むことを心

 

がける。

 

『思い出袋』 鶴見俊輔 岩波新書 p64 

 

 

 

 

f:id:cresent615:20210401175254j:plain

 

私なりに、

 

自分の「孵卵器」 として、

 

こんなスクラップノ-トを作って、

 

索引を練り直す作業を続けています。

 

 

例えば

3月27日の神戸新聞で目に留まった記事

 

f:id:cresent615:20210401175317j:plain

 

学生時代、

 

一般教養で「神戸の自然災害」という講義を受けたこともあり、

 

それとシンクロしたのでしょうね。

 

だって、

 

もう神戸に地震は起こってほしくないですからね。・・・

 

 

 

 

ホンマ・・・・

 

老人新2年生の自己満足ですが・・・(笑)

 

 

f:id:cresent615:20210401175519j:plain

 

もう一冊は、

 

『文章の書き方』 辰濃和男 岩波新書 328

 

私が大切にしているフレ-ズです。

 

 しかし、とくに考えてみたいのは「文は心である」ということです。

 

正確にものごとを見る訓練をおろそかにしている人が、はたして正確な

 

文章を書くことができるでしょうか。大自然と遊ぶたのしさを知らない人

 

が、人の心をとらえる自然の描写をすることができるでしょうか。

 

品性のいやしさが顔に現れている人が、品格のある文章を書くことができ

 

るでしょうか。いらいらせかせかの気分のまま机に向かって、読む人の心

 

にしみる落ち着いた文章を書くことができるでしょうか。ひとりよがりな

 

ことばかりいっている人が、目配りのきいた、均衡のとれた文章を書くこ

 

とができるでしょうか。表面はごまかせるかもわかりません。しかし、

 

心のゆがみは、その人の文章のどこかに現れます。

 

 ですから、文章の修行をするということは机の前に座ったときに始まる

 

わけではないのです。いい文章を書くことと、日常の暮らしの心のありよ

 

うとは深いつながりがあります。その人の文章のありようと、その人の生

 

きる営みとは切り離せません。(以下略)

 

 

 

  私の日々の指針になりました。

 

 

 

キーボ-ドに向かっている間に、

 

頭がフォ-マットされて、

 

これからの日々で

 

読みたい著者の名前が浮かんで来ました。

 

鶴見俊輔 辰濃和男橋本治 内田樹 森鴎外 加藤陽子 丸山真男

 

中島敦 養老孟司 平川克美 A・J・クローニン 高橋和巳 

 

中谷宇吉郎 寺田寅彦 朝永振一郎 司馬遼太郎・・

 

読破したい妄想が駆け巡ります。(笑)

 

 

しかし、現実は

 

残された時間とのせめぎ合い・・・

 

do one thing at a time

 

大学受験の時使った『和文英訳の修行』 佐々木高政

 

例文集を500覚えましたが、すっかり忘れてしまい、

 

この例文だけが頭に残っています。

 

 

焦らず、

 

私淑する作家達と

 

心の対話を楽しみながら

 

日々暮らせばいいですよね。

 

 

 

今年で67、

 

老人1年生から2年生になった男の独り言でした。(笑)

 

 

では・・・・

 

楽しい金曜日をお迎えください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

苺が花を咲かせてくれました。春・・春・・春がやってきましたね。(笑)

こんにちは。

 

今日は

Work from home

 

4月からの予定作成と残った雑用を片付けています。

 

 

苺が花を咲かせてくれました。

 

コロナ禍のことなどどこ吹く風、

 

 

 

f:id:cresent615:20210331082548j:plain

 

妻と2人、

 

毎日プランタ-をながめて、

 

心和ませています。

 

 

 

 

 

同窓会通信が届きました。

 

今回の表紙、

 

春らしい表情でしょ。

 

 

f:id:cresent615:20210331115732j:plain

 

48年前の4月1日、

 

この芝生で入学式があり、学生生活をスタート、

 

トラッド全盛期だったので・・・

 

いつも、ボタンダウンにチノパン(綿パン)

 

マディソンスクエア バッグを愛用し

 

 勉強もせず、

 

友達と、

 

軟派な軟派な、

 

学生生活を送っていました。

 

父には

 

「極楽トンボな息子やなあ~」

 

とあきれられましたが・・・・・(反省しております。)

 

 

この芝生で、

 

授業に出たくないときは、

 

寝転んで、

 

空を眺めて過ごし、

 

春・秋

 

遠足にやってくる近くの幼稚園の園児と、

 

凧揚げをしたりして遊んだり、

 

時には、

 

 

友達の彼女が友達のために作ってきたお菓子を、

 

この芝生の上で、

 

遠慮無くご馳走になったりもしました。(笑)

 

 

 

昨年、

 

入学式が中止になってしまいましたが、

 

今年新2年生の入学式が行われるそうで、

 

おめでとう!

 

自分としっかり向き合って、

 

充実した学生生活を送ってください。

 

 

f:id:cresent615:20210331105418j:plain

昨日阪急を利用したので、ひさしぶりにゆっくりと眺めてみました。

 

阪急の梅田駅

 

1番線から9番線まであって、

 

関西の私鉄では最大のタ-ミナルです。

 

 

 

私は神戸線を利用していたので、

 

7番線から9番線がお馴染みのホ-ム、

 

4年間、

 

沿線の雰囲気は明るく、

 

からっとした雰囲気で、

 

通学やアルバイトに利用して、

 

お世話になりました。(笑)

 

 

 

 

明日から新生活スタ-トの人も多いでしょうね。

 

 日々新又日新(大学)

 

 

春の日々を楽しみながら、

 

一日一日大切に過ごしましょう。

 

 

では、楽しい午後をお過ごしください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

當麻寺奥院の桜と東西の塔、心が満開になりました。(笑)

 

こんにちは。

 

奈良北西部、雨の午後になっています。

 

昨日、元町からの帰り道、

 

當麻の里に立ち寄ってみました。

 

f:id:cresent615:20210328141400j:plain


 

当麻寺奥院の辺りは、

 

穴場スポット

 

桜も満開で、

 

f:id:cresent615:20210328141635j:plain



密を気にすることもなく、

 

のんびりと桜を楽しむことができました。

 

朝は海を、

 

夕は桜を楽しめて、

 

f:id:cresent615:20210328141639j:plain

 

満足のゆく一日でした。

 

 

 

f:id:cresent615:20210328141508j:plain

 

せっかく来たので、

 

当麻寺へ・・・

 

まずは西塔、

 

修復作業も終わり、

 

美しい姿を見せてくれました。

 

 次は東塔、

f:id:cresent615:20210328141502j:plain

 

西塔、東塔、

 

当たり前のように立っていますが・・・

 

日本で東西の塔が現存しているのはここだけ・・・・・・

 

家から歩いて30分ほどの所にあって、

 

私はこの姿を独り占めして楽しんでいます。(笑)

 

 

 

 

ひなびた里ですが・・・

 

f:id:cresent615:20210328141455j:plain

 

こんなイベントも開かれていて、

 

f:id:cresent615:20210328141514j:plain

 

奈良の片隅ですが・・・・

 

捨てたもんやおまへんな~・・・・

 

 

今日は香芝市の市会議員の選挙日

 

 

今から投票に行ってきます。

 

 

では・・・

 

皆さん楽しい午後をお過ごしください!

 

 

 

 

 

春の須磨の海、いつ見ても心和らぎます。

おはようございます。

 

今日は神戸元町で仕事、

 

須磨の海が見たかったので、

 

早めに来て、

 

砂浜で波の🌊音を

 

聞いています。

 

f:id:cresent615:20210327093505j:image

 

私の駄文なんていりませんね、

 

f:id:cresent615:20210327092147j:image

 

今の須磨の表情をお届けします。

 

 

f:id:cresent615:20210327092233j:image

 

 

 

f:id:cresent615:20210327092323j:image

 

 

f:id:cresent615:20210327092354j:image

 

 

f:id:cresent615:20210327092631j:image

 

 

f:id:cresent615:20210327092941j:image

 

 

 

f:id:cresent615:20210327093019j:image

 

 

 

f:id:cresent615:20210327093047j:image

 

 

f:id:cresent615:20210327093135j:image

 

 

f:id:cresent615:20210327093203j:image

 

 

 

f:id:cresent615:20210327093344j:image

 

 

f:id:cresent615:20210327093434j:image

 

 

f:id:cresent615:20210327093703j:image

 

 

 

 

心がリセットされました。😋

 

今から元町に向かいます。

 

 

楽しい休日をお過ごしください。

 

 

 

 

 

 

「原っぱ」という社会がほしい 橋本治の言葉が心に染みました。(笑)

こんばんは。

 

公私とも一区切りついたので、

 

ひさしぶりに、

 

キ-ボ-ドに向かっています。

 

 

 

橋本治の遺稿が本になったのでさっそく読みました。

 

「原っぱ」という社会がほしい

 

橋本治 河出新書 2021年1月30日 初版発行

 

f:id:cresent615:20210322180429j:plain

 

内田樹が序文でこう書いています。

 

 たしかに橋本さんがその生涯をかけてしてきたのは、「誰のものでもな

 

い土地で空いているだけ」 の場所を、そこから無尽蔵の喜びを引き出す

 

ことのできる「草の海」に見立てることだったと思います。『桃尻娘

 

が衝撃的だったのは、そこにふつうの高校生の生活がそのまま書かれて

 

いたからです。高校生の思いが、高校生の言葉づかいのまま書かれて

 

いた。それが信じられないくらいに面白かった。「大人にとってみれば

 

なんの意味もない」ような高校生の独白を橋本さんは魔法のようなすてき

 

な物語に仕上げてしまった。それは原っぱを時代劇の舞台にしたり、少年

 

探偵団ごっこの舞台にしたりして、時を忘れて遊んでいたのとあまり変わ

 

らなかったのだと思います。(以下略)

 

前掲書 序文 草の海のキャッチャー p4 

 

     

 

  

 構成は

 

第一章 「近未来」としての平成

 

第二章 「昭和」が向こうに飛んでゆく

 

第三章 原っぱの論理

 

第四章 遠い地平、低い視点

 

特別掲載 野間文学賞贈呈式スピ-チ原稿

 

 

読みたかったのは、第三章、原っぱの論理 

 

このような内容が綴られています。

 

 

①メンドウクサイことなんか知らない。

 

②女ばかりやたらいた

 

③我が祖母、橋本千代のこと

 

④近所にも子供達がいた

 

⑤そこに原っぱがあった

 

⑥世界で、一番幸福だった時代

 

⑦原っぱが遠ざかる日

 

⑧中学だって遊んでた

 

⑨大人は、判ってくれないんだ

 

⑩原っぱという社会ほしい

 

橋本治はこう述べています。

 

原っぱがあったからなのね。なんの意味もないただの空き地だったんだ

 

けど、僕たちがそこにいることによって、そこが僕たちの世界に変わって

 

った。だからつまり、世の中がいくらぎゅっと縮まってっても、原っぱが

 

ありさえすれば、そこにいさえすれば、人間って、なんとかなるよう

 

なものっていうのは作れるかもしれないと思うのね。だからその、みんな

 

で作ってく混沌を平面に存在させる場所っていう、そうゆう原っぱってい

 

うのがなくなっちゃ駄目なんだよね。でそれは、原っぱじゃなくても、

 

一つの概念でありさえすればいいと思うのね。(中略)

 

<原っぱの論理>っていうのは、場所の論理であって、人の論理であっ

 

て、時間の論理であって、その三つっていうのが全部一つであるって

 

ゆうのは、自分っていうのは色んな要素からでき上げっているから、

 

”色んな要素の中の何か一つ”ではなく、色んな自分ーその自分の手を取っ

 

てくれる他人っていう形で広げていかないかぎり、目って何も見えないと

 

思うの。(以下略)

 

前掲書 p187~194

 

 

⑪ 少年の為に

 

 この章を橋本治はこう締めくくります。

 

真面目になるのはなんの為? 冗談が分かる為じゃないの?

 

全部蹴っ飛ばす為にあるんですよ。蹴っ飛ばした後に自分があるんだも

 

ん、ってふうに僕は思ってるから、もう冗談やったのね。

 

だって、ビ-トたけしが漫才界の哲学者になるのは簡単だけど、

 

エマニエル・カントがビ-トたけしになれるかって言ったら、

 

なれないでしょ? こういう話は、ほっとくとキリがないので。

 

ちょうど時間になりました。

 

 終わりということにいたします。(拍手)

 

前掲書 p200

 

 

 

 

 

「原っぱ」 

 

この空間で過ごすことによって、

 

いろいろなことを身につけました。(笑)

 

『生きている社会』だったと思います。

 

 

 

 

 

 

橋本治が望んだ「原っぱ」という世界を

 

 

これからの時代を担う世代に体験してほしい。

 

 

私ももう一度、

 

「原っぱ」で暮らしたい。

 

見果てぬ夢ですが・・・

 

せめて、

 

夢の中で、

 

「原っぱ」を走り回ることにします。(笑)

 

 

みなさん、おやすみなさい。