読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bdshirt 自分用の索引

奈良県在住。日々のログとして書くことにします。

「梅棹サロン」訪れてみたいですね。

2月23日 神戸新聞に「梅棹サロン」の記事が出ていました。

 

梅棹忠夫先生のベストセラー「知的生産の技術」

 

学生時代、何度も何度も読みました。

 

京大式カードを買い込んで、自分のデータベースづくりに挑戦しました。

 

私と同じことをした中高年の方、たくさんいらっしゃると思います。

 

梅棹さんを慕う皆さんが作った「知的生産の技術研究会」に入会もしました。

 

素晴らしい「知的生産の技術」ができるはずでしたが・・・・・・・・・

 

見事に失敗してしまいました。

 

川喜田二郎さんのKJ法にも挑戦しましたが、これも見事失敗。

 

私は「知的」や「知性」がない人間なんだと思い知らされました。(笑)

 

 

むしろずぼらな「超整理法」の野口悠起雄さんと「パソコンをどう使うか」の諏訪邦夫

 

さんの考えはしっくりきましたね。

 

「時間軸」「ポケット一つ原則」「PCは絶対ラップトップ」の考えと、

 

「エディター」と「テキストファイル」の活用はしっかり身についてしまいました。

 

梅棹先生の著作から得たものはなんだったのかな?

 

答えは岩波新書を読む楽しみを知ったことだと思います。

 

岩波新書で出会った 丸山真男 内田義彦 鶴見俊輔 辰濃和男 の著作は

 

「私の古典」・「視点」です。

 

 

 

f:id:cresent615:20170301223720j:plain

 

『勝手に私淑する』ということでしょうね。・・・

 

「梅棹サロン」

 

春の哲学の道散歩をした時に立ち寄ってみたいと思います。

 

では・・・

 

みなさんおやすみなさい。・・・