読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bdshirt 自分用の索引

奈良県在住。日々のログとして書くことにします。

みなさん、上方落語はお好きですか?

 

今日の奈良北西部はおだやかな陽ざしの一日になっています。

 

午前中、図書館に出かけてきました。

 

何冊か本を借りましたが、そのうちの一冊がこの本です。

 

今、笑いながら読んでます。

 

f:id:cresent615:20170422161352j:plain

 

上方落語 こばなし絵本』 講談社 2009年 採話 もりたはじめ

 

 

みなさんは落語お好きですか?

 

 

私は大好きです。

 

 

学問の神様である天満の天神さんのすこし北側に、上方落語の常設小屋

 

 

天満天神繁盛亭”があります。

 

 

小屋から出て着る人達の笑顔を見ると「落語はええなあ~」と思います。

 

f:id:cresent615:20160511172809j:plain

 

この本からこばなしをひとつ・・・・・・

 

けったいな人々 その1 前掲書 P5~10

 

『金づち借り』

 

けちんぼう。というのも度が過ぎますと、

 

なにひとつ、出すということがいややそうで。

 

「これ、定七(さだひち) おとなりへ行ってな、

 

金づち借りてきなはれ。

 

この柱へ、くぎを打ちますのや」

 

「旦(だん)さん、行ってきました。

 

貸してくれまへんでした」

 

「なんでや?」

 

「木のくぎ打つんか、鉄のくぎ打つんか? と

 

聞かれたんで、鉄のくぎ打ちますゆうたら、

 

鉄の金づちで鉄のくぎ打ったら、金づちが減るから貸せん、

 

と、こない言われました。」

 

 

「どこまで、けちんぼうや、となりのヤツは。

 

もうええ、あんなケチに借りんでもよろしい。」

 

 

「ほな、どうしまひょ?」

 

 

「うちのを、出して使え」

 

  

           自分とこにあるんかい!         

                     

 

 

 

ところで・・・・

 

 

丁稚さんはたいてい定七(さだひち)という名前ですね。

 

 

なんででしょう?

 

 

では・・・・

 

 

楽しい休日をお過ごしください。