読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bdshirt 自分用の索引

奈良県在住。日々のログとして書くことにします。

私の住む地域を舞台にした映画に出演したい市民・町民のための公開オーディションが行われました。

窓から流れ込んでくる風が秋の気配を感じさせ始めました。

 

風鈴も心地良い音色を響かせてくれています。

 

いつも利用している図書館に出かけたら『公開オーディション』が行われて

 

いました。

 

f:id:cresent615:20160821144048j:plain

 

映画の舞台となる「大和高田市・御所市・香芝市・葛城市・広陵町」の五つの市・町の

 

市民・町民が映画作りに参加できるのです。

 

『天使のいる図書館』(仮題)で

 

「天使のいる図書館」 公式ホームページ

 

2017年春に公開予定だそうです。

 

内容は新人女性司書が出会う人々との交流を通して地域の歴史・文化に触れ、人間とし

 

て成長していく物語。

 

どんなロケ地が選ばれるのでしょう。

 

例えば香芝市のふたかみ文化センターの3Fには香芝市図書館があり

 

建物の入り口には、こんな像が展示されています。

 

f:id:cresent615:20160821164815j:plain

 

f:id:cresent615:20160821164754j:plain

 

 

古代、渡来人が多く住んだ大和路ならではの展示物です。

 

お隣の葛城市をロケ地にしたら

 

f:id:cresent615:20160821175427j:plain

 

日本で唯一、東西三重の塔が両塔現存する當麻寺の辺りや・・・・

 

f:id:cresent615:20160731162908j:plain

 

f:id:cresent615:20160731162932j:plain

 

古代、難波宮と飛鳥を結んだ最古の官道『竹内街道』などが登場するかもしれません。

 

このほかの大和高田市・御所市・広陵町も何が登場するか楽しみです。

 

 

 

昔私が暮らしたことのある街がロケ地に使われたことがあります。

 

 

西宮市の上ヶ原です。

 

 

f:id:cresent615:20160617233618j:plain

 

有川浩原作『阪急電車』の中で使われました。

 

 f:id:cresent615:20160617234435j:plain

 

この風景を背景にして校門を出てくるKGの大学生勝地涼さん・谷村美月さんに

 

受験生の有村架純さんが話しかけるという設定でした。

 

有川浩のような人気作家の小説の舞台になるとは・・・

 

「そんなこともあるんやなあ~」とうれしくなりました。

 

有川浩さんに感謝感謝です。

 

阪急今津線の雰囲気は、よく出ていたと思います。

 

宝塚音楽学校に通う生徒さん達とは今津線で一緒になりました。

 

阪急沿線ならではの思い出ですね。

 

また、映画のロケ地になるような場所に住むことができるかなあ・・・・

 

 今回の映画が、大和路の新しい魅力を引き出してくれたらと思います。

 

 

では、おやすみなさい。・・・・