読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bdshirt 自分用の索引

奈良県在住。日々のログとして書くことにします。

偉大な方の愛犬が、町の広報大使として大活躍ですね!

梅雨も明けて、夏の日差しになりました。

 

今日は、奈良県北葛城郡王寺町に出かけてきました。

 

法隆寺に近く、聖徳太子ゆかりの「太子道」が通っています。

 

今、この町のスターといえば、『雪丸』でしょう。

 

f:id:cresent615:20160718151156j:plain

 

さて、この『雪丸』、飛鳥時代の生まれで、聖徳太子に可愛がられ

 

人間の言葉を理解し、生存中に出会った達磨大師を慕い、大師のお墓の

 

丑虎(北東)に葬られたという逸話の持ち主です。

 

飼い主が偉大な方なら、愛犬もすごい!・・・

 

日本史上、ペットとして名前を残した先駆犬ですね。

 

聖徳太子も日本史上、愛犬家第一号かも・・・・・。

 

王寺町が公式マスコットキャラクターに認定し、町の広報大使として活躍しています。

 

 

仕事が早く終わり、時間ができたので『雪丸』像のある達磨寺まで『雪丸』ロードを

 

歩いてきました。

 

雪丸ロードマップ.jpgのサムネイル画像

 

 

『雪丸ロード』にはこんなフラッグが目印としてかかっています。

 

f:id:cresent615:20160718151415j:plain

 

 

これが達磨寺です。

 

f:id:cresent615:20160718151934j:plain

 

このお寺の片隅に

 

f:id:cresent615:20160718152157j:plain

 

雪丸の像が安置されています。

 

 

f:id:cresent615:20160718152219j:plain

 

 

f:id:cresent615:20160718152209j:plain

 

 

f:id:cresent615:20160718152227j:plain

 

聖徳太子の愛犬の里が王寺町とは知っていましたが、

 

まさか、町の広報大使になるとは思っていませんでした。

 

王寺いろは手帖 | nara ebooks

 

が作られています。

 

大阪のベッドタウンとして成長した町ですが、のんびり歩くことを楽しむ

 

こともできますね。

 

聖徳太子が葬られた大阪太子町まで(太子道)を歩いてみるのもいいと思います。

 

 

亀井勝一郎は、『大和古寺風物誌』 新潮文庫 昭和28年 の中で

 

つぎのように記しています。

 

十七条憲法は治世のための律法でもなく、単なる道徳訓でもない。

 

それらの意味をふくめてはいるが、むしろ太子自身の率直な祈りの言葉な

 

のである。(中略)

 

 一に曰く、和(やわらぎ)を以て貴しと為し、忤(さか)ふこと無きを宗(む

 

ね)と為せ。(以下略) P13

 

 

 

世界のあちこちで、肩を怒らせ、眉を吊り上げ、勇ましい言葉を口にする人が増えてき

 

ました。

 

こんな時こそ、静かに、静かな言葉で、世の中の出来事を考えてゆきたいなと思い

 

ます。

 

 和(やわらぎ)の心を忘れないようにして・・・・・・。

 

 

 では、楽しい夜をお過ごしください!。