読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bdshirt 自分用の索引

奈良県在住。日々のログとして書くことにします。

『夜のピクニック』 歩いてみたいですね!

七夕が近づいてきました。

 

本棚を眺めていたら映画『夜のピクニック』のパンフが目に入りました。

 

原作は、恩田陸 『夜のピクニック新潮文庫 2006年

 

映画化された時すぐ観ました。

 

 

第2回 本屋大賞に輝いた作品です。

f:id:cresent615:20160703212228j:plain

 

 

 

 

全校生徒1000人で、24時間かけて80キロを歩く伝統行事「歩行祭

 

この「歩行祭」を舞台に 秘密と勘違いが引き起こす幸福感に溢れる青春映画です。

 

 

では、どんなお話しなのでしょう?

 

1年に1度の伝統行事「歩行祭」。80Kmを24時間かけて歩き続けるのです。

 

全校生徒は、夜でも目立つよう全員が白のジャージに身を包み、打ち明け話をしたり、

 

意中の人に想いを告白したりして、思い思いに一夜を過ごすのです。

 

今年で最後の「歩行祭」を迎える主人公貴子(多部未華子)は、密かに賭けをしよう

 

と思っていました。

 

 

その賭けとは・・・・・・・・・・・

 

≪クラスメート融に話しかける事。≫

 

そんな簡単なことが出来ない秘密が二人にはあるのです。

 

それは・・・・

 

貴子と融は、同じ父親をもつ血のつながった兄弟なのです。

 

この秘密をクラスメートは知らず、貴子が融を好きと友達は勘違いをしているのです。

 

こんな想いを胸に秘め貴子の「歩行祭」が始まります。

 

 

融も貴子を意識していました。

 

友達の忍は「彼女の事好きじゃないのか? 今夜告白しろ」とけしかけます。

 

融はこう仏頂面で答えます。

 

「向こうは俺の事嫌いだと思う。」

 

 

海岸沿いの道、夕焼けの溶ける畦道、星の輝く夜の道を、それぞれの友人と歩きながら

 

貴子は融を融は貴子を目で追いながら、今までの自分達のお互いに対しての複雑な

 

気持ちを振り返っていました。

 

 

日付が変わります。

 

「告白タイム」の刻限がまじかに迫ってきます。

 

こんなときに邪魔が入ります。

 

彼氏のいない亮子が、融に告白するいらしい。・・・

 

貴子と融の親友たちは

 

貴子と融をくっつけようと躍起になって応援を繰り広げます。・・・

 

残り20km・・・

 

足は棒になり、疲労が増します。・・・

 

ふと、弱気が頭をよぎります。・・・

 

「あきらめてしまおうか・・・」

 

「あきらめたらダメ!」親友の美和子が貴子を勇気づけます。

 

 

ゴールが目前に迫ってきました。・・

 

貴子の賭けと願いは?

 

かなうのでしょうか?

 

 

 

 

 

★結末は、≪ないしょ≫です。

 

 

 

★書くと興ざめでしょ。・・・・ ^^)

 

 

デビューしたての多部未華子貫地谷しほり柄本佑・池谷壮亮が初々しい。

 

 

楽しくて、ミステリアスな青春映画でした。

 

 

私は、満たされた気持ちで席を立つことが出来ました。

 

 

 みんなで夜歩く。

 

     ただそれだけなのに、

 

      どうしてこんなに特別なんだろう。

 

 

 

 

 

この映画を観ていたら高校時代を思い出してしまいました。

 

 

みなさんにも甘酸っぱい思い出があると思います。

 

 

そんなとき、かけがえのない友情に出会たとしたら・・・

 

 

とても大切な思い出になりますね。

 

 

 

このお話しは、茨城県の文武両道で有名な水戸第一高校の伝統行事がモデルです。。

 

わたしの友人の妹が水戸第一高校のOGでこのイベントを3年間体験していました。

 

「どうやったん?」って聞いたら

 

「楽しかったですよ。」って答えが返ってきました。

 

 

うらやましい~~

 

おやすみなさい。・・・・・・・

 

 

ステキな朝をお迎えください!